おすすめ

新着記事

便利屋

benriya

便利屋とは、人の依頼を受け、その人に代わってさまざまなことを行う仕事のこと、またその仕事に就いている人たちのことを言う。
彼らに依頼される仕事には、大きく分けて二つのパターンがある。依頼者の代行をすることと、依頼者の雑用を引き受けることである。
彼らのもとへ持ち込まれる依頼内容は、多岐にわたる。何か困ったことがあったり、スケジュールのやりくりがどうしても出来ないとき、人は便利屋を呼ぶ。

彼らは開業するにあたって、特別な資格が必要になるわけではない。開業したい人のための門戸は、開かれていると言える。ただし、彼らが請け負う仕事内容によっては資格や免許が必要になるものもある。
たとえば、介護のサポートという仕事である。内容によっては、介護福祉やヘルパーの資格が必要になる。
そこで、便利屋では有資格者を積極的に受け入れている。何らかの資格職に就いていた人たちの、転職先としての側面を持っているのである。そのことによって、資格や免許が必要な仕事を行うことが出来るようになっている。
そこで働く人たちが、一人ひとりの持っている技術を持ちあわせて、この職業は成り立っているのである。

代行サービス

便利屋が、代行業者として手がける仕事には多くのものがある。
わかりやすく分けてみると、それは家事代行など暮らしの基本的な事柄に関するもの、並び代行や電話代行など社会的な事柄に関するものがある。

暮らしの基本的な事柄に関する代行業務には、日々の買い物や、地方の限定品などの買い物、またペットの散歩や子どもの送り迎えなどがある。
忙しくて時間がないので、代わりにやって欲しいと思われることは生活の中に多々あるが、それらを依頼を受けて代行するのが彼らの仕事なのである。
家事の代行を引き受ける仕事としては、家政婦などが存在するが、彼女たちよりも守備範囲が広いのが便利屋の特徴である。

また、社会的な事柄に関するものとして、上では電話代行を挙げた。電話代行とは、本来は自分で掛けるべきところを代行してもらうということである。
たとえば、何らかの謝罪電話を掛けなければならないとき。あるいは、断りの電話を入れるとき。自分で相手と声を交わすのが、精神的に辛いという場合に利用されたりするサービスである。
そのほか、世間的に注目される新製品の発売当日に、本人の代わりに並んでもらうという並び代行も利用されている。

雑用サービス

tasukaru

代行サービスと並んで存在する便利屋のサービスには、代行サービスとも重なるところはあるが、雑用サービスというものが挙げられる。
「雑用」とはいえ、ある程度の専門的な知識や、技術が必要になる仕事もある。
前述のような、もともと資格職に就いていた人たちや別の業種で活躍していた人たちが、便利屋としてその仕事に従事するというパターンが多い。

雑用とは、たとえば庭の剪定や庭木の伐採も含まれる。この仕事には、木を切るための技術はもちろん、草を見目よく刈るための技術も必要になる。
また、引越しの手伝いという仕事も、ここに含めることが出来る。引越しの専門業者にわざわざ依頼するほどの大所帯ではない、ひとり暮らしの引越しに多く利用されている。


OUT LINK

介護も補助も便利屋にお任せください【家事処】
便利屋で評判のある東京の|便利屋解決本舗